vortispy's diary

労働者です

病院に行った

数年ぶりにひどい風邪になった。3日ほど自力で頑張ったが、喉だけはどうしてもすぐに治りそうもなかったので数年ぶりに病院に行った。
ググって歩いていけそうな病院に行った。ちょっと古い建物の病院で見たところ私より若い患者はいなかった。時間帯もあるかもしれない。
内科以外の診療科もあり、私以外は皆そちらにかかるようだった。
30分ほど待って診察を受けた。症状を聞かれて、喉を診られて、あとは薬の説明をされた。合わせて5分位だった。特に珍しい病気でもなさそうなのでそんなもんだろう。
診察料は1100円だった。3割負担でこの金額だ。やはり貧乏人は病院に行ってはいけない。
薬は7種類も処方されており、うがい薬も入れてもらって940円だった。喉の薬だけにしてもらえばよかった。
帰り道で「やはり医大くらい出ておくべきだったな」と後悔した。なんせ知識がないので自分の症状がどういうものかわからないし、薬も処方できない。しかも数分で4000円程度の売上を出せるわけで、なんだか儲かりそうだ。プログラム書いてる場合じゃないと思った。
薬を飲んで翌日になるとたしかに喉の症状は改善した。ただ薬を飲む以外にもベースを弾いて、仁義なき戦いを見たりしたので薬だけの効果かはわからない。